もぐら畑、収穫のとき
今年の7月、ちびっ子プレーパークなどの常連親子さんたちと、もぐら公園近くの畑の一画をお借りして、野菜の種まきをしました。あれから、はや5ヶ月。

残念ながら、まめに畑に足を運べなかったため、今冬収穫には至りませんでした。

そこで先日、畑の持ち主のTさんのはからいで、Tさんが育てられた野菜を、収穫させていただけることになりました。


f0140927_15153169.jpg
f0140927_1584956.jpg


小松菜や長ネギを引っこ抜き、、、



f0140927_15101520.jpg


白菜をバケツリレー。

いろんな虫に出会い、もぐらとはちょっとちがった、なんだかふんわりと柔らかい匂いの土に触れながら、子どもたちは誇らしげに、野菜を握りしめていました。

そして、収穫した白菜、小松菜、ネギを眺める母たち。
「今夜は鍋に決まりだね!」


我が家の食卓にのった「獲れたて野菜鍋」の、美味しかったこと!
「これはボクが抜いた葉っぱだね~。美味しいね~。」と、嬉しそうに頬ばる息子。

いつもの鍋と、変わらない具材なのに、何でこんなに美味しいんだろう?
美味しい、というより、何だかものすごーーく、「豊か」に感じ、とっても幸せだったのです。

なぜだろう?

いつものスーパーで、値札とにらめっこしながらカゴに入れる野菜との違い。
それは、その野菜たちがいた場所、獲った光景、一緒にくっついてきた虫、笑顔、そんなすべてがギュッとつまったものだから得られる、豊かさなのだ、と思いました。

まぁ、どこぞの料亭でいただく高級なお鍋も、豊かさの一つだし。
家族全員が揃う食卓、というだけでも、豊かなものといえるものでしょう。

食、のシーンだけではなく。
家庭や、学校や、遊び場や、もしかしたら塾でも?
世の中の子どもたちに、いろんな豊かさを、経験していってほしいなぁ、と思います。


畑の持ち主のTさんには、いろいろとお世話になりました。ありがとうございました。


まつぼっくり。
[PR]

by karasuyamaPP | 2010-12-11 16:06 | ○プレーパークの日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mogurapp.exblog.jp/tb/15139702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< のりたけの結婚式 (2010/...      けやきの幼木 (2010/12/9) >>