<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

第4回 冒険遊び場づくり全国研究集会
冒険遊び場づくり全国研究集会f0140927_23575922.jpg -遊びで社会が変わる-                   


に参加しました。
この催しは
日本冒険遊び場づくり協会が主催しています。

 天野さんがマイクを握っています→   
                ふふ  



1月25日の冒険遊び場見学会から始まり、27日まで宿泊施設も兼ねた
国立オリンピック記念青少年センターで行われました。
参加対象者は・・・
子育て中の親、冒険遊び場づくりに関心のある個人・グループ、行政職員、研究者など(チラシ参照)です。

烏山プレーパークからもプレーリーダーと世話人数名が参加してきました。
私は26日午前からの参加でしたが、まず驚いたのが
f0140927_0374279.jpg
この人数。画像外にも席はあり、さらに立っている人もいました。

全国にさまざまな冒険遊び場やプレーパークが出来ていたり、計画があるのは知っていましたが、北海道から沖縄まで津々浦々から集結していましたよ!

このあと汐見稔幸氏の基調講演がありました。
こどもにとって遊びがいかに大切かを考えさせられるお話でした。

午後は10のテーマに分かれての分科会。
私は【D】グループ子育ての場所を育てよう!~みんなで育てる、私も育つ~に参加しました。
ある共同保育所のVTRを見たあと、3つのグループに分かれディスカッションしました。
私のグループは世話人(ベテランからそうでもない人まで)、プレーリーダー、学童保育スタッフ、保育士、建築を学んでいる学生などさまざまでした。

実際にプレーパークに関わっている人や子どもの育ちを学ぶ上で遊び場を知ろうという人たちのお話を直接聞けて刺激を受けました。

あっという間に時は過ぎて分科会も終了。

夕方からは懇親会です。
立派なパーティ会場でした、が天野さんとこどもにより遊び場に早変わり。
f0140927_111698.jpg   改めてすごい人数f0140927_114442.jpg











 f0140927_1174076.jpg
ベーゴマ大会

左の少年は今日始めてベーゴマをしたにも関わらず、上位まで勝ち上がりました。
子どもたちが見守っています。




そういえばこの集会はすべてのプログラムが子ども同伴可能でした。
開催主旨に「社会のいろいろな場面に子どもがいることは当然のこと」という文があります。
当たり前のようですが、今の世の中はそんなに寛容でないことを子連れの身は知っています。
当然のこととして子連れで参加できたので気持ちがラクでした。

f0140927_1295681.jpg

                プレーリーダー・のりたけたちによる演奏。
f0140927_131109.jpg
                         で、踊る人々。

そんなこんなで夜も更けていきました。

翌日27日
f0140927_1344291.jpg宿泊した部屋からの画像。
西新宿が目の前。都会です。
f0140927_137596.jpg
                             合宿のような朝ごはん

前日に言葉の洪水を受けたのでボンヤリしながらウロウロしていました。
この集会の壮大さを感じながら帰路につきました。
いつか全国のプレーパークを行脚してみたいです。
                                    <ゑ>
[PR]

by karasuyamaPP | 2008-01-30 23:16 | ○プレーパーク活動いろいろ | Trackback | Comments(0)
見学者来訪
平日は小さい子たちの団体利用がないと、小学生が来る15時ころまで
もぐら公園は結構ヒマです。f0140927_22101940.jpg


ガラーン。こんな感じ。
冬はさすがに寒いですね。


f0140927_22125742.jpg






バケツの水もこんなになってますし、
立派な霜柱がいっぱい生えて(?)ます。






f0140927_22162837.jpg
しかし今日は違います。
スーツケースをゴロゴロさせながら三々五々、人が集まってきました。

なにかと言いますと、
第4回 冒険遊び場づくり全国研究集会が明日、あさって行われます。

全国から遊び場づくりに関心のある方が集まります。
今日は本集会に先立ち、近郊のさまざまなプレーパークの見学会に参加の方が
いらっしゃいました。
10コースあるうち烏山にいらした方はこのあと羽根木を見学されます。

f0140927_22344657.jpg

見学にこられた方たちと
プレーリーダー、
世話人たち。







f0140927_22351382.jpg

  世話人代表・とーさんが
  おはなし。


f0140927_22433340.jpg





f0140927_22405375.jpg











                  プレーリーダー・もぐも話してます。



見学の方たちは北九州・滋賀・埼玉などでそれぞれ冒険遊び場やプレーパークを立上げていたり、これからやろうとしている方だったりでとても熱心でした。
お話ししだすと時間はあっという間に過ぎていきます。
時間になり、見学会のご一行はのりたけにガイドされ、羽根木プレーパークへと移動されました。
f0140927_22493528.jpg
f0140927_22415767.jpg


今日からあつい3日間が始まりそうです。
次回は全国集会の様子をお伝えできればと思います。
                                    <ゑ>
[PR]

by karasuyamaPP | 2008-01-25 22:16 | ○プレーパークの日常 | Trackback | Comments(0)
2008年1月22日 天野秀昭氏の講演会
f0140927_9481337.jpg下北沢で天野秀昭さんの講演会
「小さい子にも外遊びを ~おそとだいすきの実践~」
に行ってきました。


f0140927_9511656.jpg天野さん→は日本で最初に出来たプレーパークのプレーリーダーだった方です。
いわばプレーリーダーの祖。

現在、世田谷区内にある4つのプレーパーク
(羽根木・世田谷・駒沢はらっぱ・烏山)
がそれぞれ立ち上がるときには現場に関わったそうです。

4つのプレーパークは”NPO法人プレーパークせたがや”という一つの団体として活動していますがそこの理事でもあります。
私たち世話人や現役のプレーリーダーと常に話し合い、豊かな経験より助言をいただいています。
みんなから『天野父ぉ(あまのとお)』などと呼ばれています。

f0140927_103369.jpg

お客さんは熱心に天野さんの話を聞いています。

印象的だった話。
最近、「迷惑と言ったモン勝ち」といった世の中になっている。
「『迷惑だ』というあなたのほうが迷惑」ということは実は多くありやしませんか?
自立して、他人に迷惑をかけていないと思う人ほどゴーマンなのでは?

大人は多くの時間を 将来のために今を過ごしている。
それに対して子どもは今を連続して生きている。
なので「今」へのチャレンジが大胆である。常に本気。
行動のブレ幅が大きくなるため、「迷惑」にもなる。
大人は子どもの迷惑に寛容だったが、最近は許容量が減ったため子どもの行動も制限されてきた。
「あぶない」「うるさい」「きたない」と言ってやりたい気持ちを摘み取ってきたのではないか?
という問い返しを大人はしなくてはならない。
・・・そうです。大事な子どもなのですから、良かれと思いしてきました。それがしつけだと思い、親の務めとも。また、他の子に対してもその場の自分の道徳的見地から禁止したこと、何度もあります。

天野さんが幼児期の遊びを重要視するのは、中高生の幼い行動を目の当たりにしてからだそうです。思春期にあたる子どもたちの行動があまりに幼稚なのをみて「幼児」として見ると納得がいったという。このような子どもたちはやってみたいという気持ち=情動が育っていなかったのではないか?
情動を殺された中高生が生きていることを確認する行為は自滅的である。

価値                          情動
(正・誤 / 善・悪 など)    ⇔       (快・不快)
時代や場所によってかわり行くもの         普遍 
大人の判断基準                    小さい子ほど豊か

9歳になる頃にはイヤでも価値の世界に触れるのでそれまでは十分に情動の根を張ることが大事。

子どもは親だけで育てない。
多様化した社会(さまざまな価値が存在)で関わりながら子どもは育つのがよい。

情動を感じ合う場所としてプレーパークが存在する。
こどもという存在は自然。
屋外の自然の中で解放された状態だとより情動が育つ。

子どもは人に迷惑をかけた。でも許容された。という実感があってこそ他者に対しての感謝の念が生まれるのではないか。
またそれにより「自己肯定」もできる。

そうだよなー。自分の子の情動が育っていないなーと感じました。
常に「いい親」でいるために子どもを育てていたことに気づき、嘆息。



上手く記述できませんでしたが、私が印象に残った天野さんのお話でした。

本を出したり、年を重ねて講演会などしてしまいそのうち「センセイ」などと呼ばれ始めると、高飛車になっていく人も多いかと思います。
ところが天野さんは偉そうでないところが、エライです。
子どもに対してもいつも「変なおじさん」ですし、話しかけづらいオーラがまったくありません。
このニュートラルさ、威圧感のなさがステキです。

昨今、日本中にプレーパークや冒険遊び場がうまれています。
あまたにある中で、20年以上も前から遊び場で子どもたちを見つめていた天野さんが身近にいる世田谷のプレーパークのよさを実感しました。
                                    <ゑ>
[PR]

by karasuyamaPP | 2008-01-23 09:48 | ○プレーパーク活動いろいろ | Trackback | Comments(0)
取材 「烏山だより」
読売新聞の折込広告と一緒に挟まれる、
「烏山だより」
読売新聞の購読者に向けて、烏山地域にしか配られていません。
とても地域に根ざした読み物です。
創刊(?)してまだ間もないのに烏山プレーパークを選んでくれました。
今日はその取材日です。

まずはプレーリーダーもぐかきがインタビューされました。
プレーパークについてなどいろいろ聞かれました。


f0140927_2315827.jpgそしてこの日かまど利用していた育児サークル・空とぶくじらも取材をされました。
             くじらの代表と副代表が答えています。→

f0140927_233572.jpg
f0140927_234149.jpg

炊き出しや食事の様子も撮影されていました。
2月の中旬くらいに発行されるようです。
楽しみ。


f0140927_2354383.jpg

またもうすぐ1月の世話人会があるのでその打ち合わせをしました。
世話人会とは・・・月に一度、烏山の世話人とプレーリーダーとで事務連絡をしあったり、困ったことなどを話し合う重要な会議です。
   プレーリーダーと世話人S(中央)さん→

                                    <ゑ>
[PR]

by karasuyamaPP | 2008-01-16 22:54 | ○プレーパークの日常 | Trackback | Comments(0)
世田谷のボロ市
f0140927_22143842.jpg世田谷区内で400年以上の歴史を誇る毎年12月14・15日と1月14・15日に開催される「ボロ市」
プレーパークも出店してるのをご存知ですか?
今ではフリーマーケットなどめずらしくもありませんが、昔から行われているだけに規模が違います。

世田谷線の上町駅~世田谷駅に平行する道沿いやその周辺に出たお店、700店ほど!

←まだまだ開店していませんので、閑散としてます。お店が始まると思うように歩けませんでした。

ここでの売り上げも、プレーパークの貴重な資金になるため
各プレーパークの世話人やプレーリーダー・事務局の人たちで店つくりや店番をしています。
f0140927_2222178.jpg
開店準備中の
羽根木プレーパーク世話人・Yさん。
年末はしめ縄を売りまくったそうです。
金・土曜日だった昨年12月と違い、平日の開催でしたがそれでもすごい人出です。




この店はどんなものを売っていたかというと・・・
f0140927_22273050.jpg
干支の人形。かわいらしく座っていました。




f0140927_22281798.jpg
    和柄のちりめんで作られたマスク
    私も思わずゲット!

心ある器用な方たちの、ひとつひとつ手作りのものたちです。
他にもまだ、一点ものの陶器などもありました。
f0140927_224082.jpg

←店番が代わり羽根木世話人・Mさん


f0140927_22184335.jpg
食器類も良く売れます。
皆さん、あまり値切らずに買ってくれました。

このようなマーケットはお客さんとのやりとりが楽しいです。
有名な市だけに、
「始発に乗って茨城からきた」
「北海道から・・・」
などどお話ししてくださって買ってくれました。
また、外国の方も多くいらして、ジャパネスクなお土産探しに一生懸命な方も。



f0140927_22492898.jpg大名行列があるとのことで覗きに行きました。
まずは近隣の中学生のブラスバンド。
行進する姿がカッコイイ。

f0140927_22494360.jpg
ちょんまげをつけた人たちの行列は長く続きました。
次回は私も町娘で登場したいです。

最終日の明日もプレーパークのお店はやっています。
世田谷中央病院近くです(世田谷駅寄り)。
                                    <ゑ>
[PR]

by karasuyamaPP | 2008-01-15 22:09 | ○プレーパーク活動いろいろ | Trackback | Comments(0)
2008年1月13日 ちびっこプレーパーク
今年最初のイベントは未就園児がメインのちびっこプレーパーク
予定していた昨日は雨でしたので翌日の今日に開催。

今年から食べ物は簡単に、もっと遊ぼう!ということで、
f0140927_22184023.jpg

f0140927_22253424.jpg
      ビニール袋の凧揚げだっ!

f0140927_22241691.jpg
みんな走りまわってあげようとするのだけど・・・転んでしまうちびっこたち。
 
f0140927_22232181.jpg


この日の午前中は風が強く、凧らしくなってきた。
右:プレーリーダー・かき






f0140927_22284453.jpg
お正月なのでお雑煮をいただきます。
中央の鍋はおしるこ。
小豆から作った甘さすっきりのお味。
世話人・かーさんの計らいです。

f0140927_22312455.jpgこの日は寒かったのであたたかい食べ物に群がっています。
参加人数は少なかったですが、ゆっくり過ごせた一日でした。











3連休の中日で寒いせいかそれ以外の子どもたちはまばら。

f0140927_22333594.jpgこれは竹を竿に見立て、プレーリーダー・もぐにちょっかい出している子。








f0140927_22351615.jpg

土管を転がす小学生。
左:プレーリーダー・もぐ

などなど。
                                    <ゑ>
[PR]

by karasuyamaPP | 2008-01-14 22:16 | ○イベント報告 | Trackback | Comments(0)
今月のちびっこプレーパーク
新年明けましておめでとうございます。
今年も 烏山プレーパーク にお越しください。

さて今日は2008年最初のちびっこプレーパークの予定でしたが、
あいにくの雨なので明日1月13日(日)に延期します。

明日はみんなでお正月遊びをして
昼にはお雑煮を作って食べましょう。
持ち物は食事される方は雑煮の具とお餅。
着替えなどもお持ちいただけると安心です。
[PR]

by karasuyamaPP | 2008-01-12 10:51 | ○お知らせ | Trackback | Comments(0)